忍者ブログ
写真家、山田敦士 (ヤマダアツシ) 日々の活動。
Posted by - 2017.03.24,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.21,Wed
ブログが広告入りに変わるので、引っ越しをすることになりました。

大変残念ですが、運営会社の方針上とのことで仕方がありませんので、ブックマークの変更をお願いします。
http://blog.atsushiyamada.com/

半年程度は、本URLも残しておく予定ですが、更新の予定はありません。
(いずれはすべて削除する予定です)
過去の記事は、引っ越し先でご覧いただけます。

何卒、ご了承いただければと思います。

拍手[6回]

PR
Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.16,Fri


どーも。会いに行けるアイドル、山田です。

「SHUTTER magazine Vol.2」の発売を記念して、リリースパーティをやりま
す。
会場では10年分の作品スライドショーを行ないます。
出版関連、ファッション、美容など、クリエイターを中心に100名ほど集まります。
是非、ご来場ください。

SHUTTER magazine Vol.2
リリースパーティ
9/18(日)
時間 20:00~深夜
2,500円/2ドリンク付
会場 カナリア(渋谷)
http://www.canaria-bar.jp/

東京都 渋谷区道玄坂1-19-12 道玄坂今井ビル
TEL:03-6427-0537
来場者 100名前後
※渋谷駅徒歩7分。道玄坂をひたすら上ってください。
※3連休の真ん中の日曜です。



We'll present a release party of new issue "SHUTTER magazine Vol.2"
(now in stores).
I'll have a slideshow of a decade of my photography.
Approximately 100 creators will come. Come join us and enjoy. I'm looking forward to see in there!

SHUTTER magazine Vol.2
Release Party

18th Sep
OPEN 20:00- late
2,500yen / 2Drink
Cafe & Dining Canaria
http://www.canaria-bar.jp/

Dogenzaka Imai bldg 1-19-12
Dogenzaka Shibuya-ku Tokyo Japan
+81 -(0)3-6427-0537
7 mins walk from Shibuya Sta.

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.15,Thu
『PHOTO LOUNGE Vol.0』
2011年9月16日 (金) 18:00 open 19:00 start
Adv. 2000円(+1drink order) Door. 2000円(+1drink order)
会場 SARAVAH東京
http://www.saravah.jp/tokyo/
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
TEL 03-6427-8886


出演(予定):
サイキカツミ
松永佳子
いはらほつみ
齋藤翔平
鈴木達哉
山本剛史
本手保行
高松勝範

特別プレゼンテーション:
永田陽一

【概要】
ニューヨークのギャラリー事情、海外の写真最新事情をレポート!

司会:山田敦士、水谷充
フォトグラファーズ・サミットのスピンオフイベントを開催します。
若手世代を中心に、LIVE形式で作品プレゼンテーションを行なう、通称『ミニサミット』
ぜひご来場ください。

http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20110916.php


==

先日、とある渋谷のLIVE会場(サラヴァ東京)から、PHOTOGRAPHERS SUMMITのミニ版を開催してみないか、という打診がありました。
もともとPHOTOGRAPHERS SUMMITは、自由な写真表現と発表の場所であり、誰でも参加可...というのを掲げてきました。
そこで原点回帰というか、初期フォトサミのように、ちいさな会場で試しにスピンオフイベントをやってみよう、と思いました。

まずトライアルということで、9月16日(金)にVol.0を開催します。
20~30代の若い世代が中心になり、作品プレゼンをします。
もちろん個人の作品(といっても、きちんとしたものでなくて構いません)も持ち寄って集まります。

一番最初の、PHOTOGRAPHERS SUMMITの形ですね。

以前から週末開催の希望が多かったので、まずは金曜日に開催します。

みなさんの意見を聞きつつ、『誰でもプレゼン可』のPHOTOGRAPHERS SUMMITミニ版として、実験的なイベントを継続して行なえる場にできれば…と思います。

見るだけでも楽しく、写真作品に少しでも触れる機会になり、いろいろな仲間や、つながりができる…。
本格的に写真をやっていない人でも、気軽に立ち寄れる集まりにしたいです。

今回、Fraction Magazine Japanを主宰する写真家・永田陽一さんのプレゼンテーションは必聴です。
永田さんは現在、日本の写真家を海外のアートシーンに紹介する、という活動をされています。
海外での写真事情の最先端を、直接聞くことができます。


昨今、カメラ関係の雑誌が増えていますが、残念ながらほとんどが、写真表現とは無縁の「広告のイレモノ」であり、写真を(それなりに)ちゃんと続けていきたい、作品を発表したい、という人たちの『発表の場』は、むしろどんどん少なくなっているのではないか…と危惧しています。

うまく続いていくかはわかりませんが、このミニイベントから、PHOTOGRAPHERS SUMMITでプレゼンする人や、僕が企画するグループ展・雑誌に参加してくれる人が生まれると面白いな、と思っています。

残念ながら、道行く人たちに「写真家の名前を知ってる?」と聞いても、ほとんどの人たちが知りません。
悲しいけど、まだまだ、それが現実です。

初回で、進行も特に決めずにやるので、グダグダになるかもしれません。
ですが、写真について語り合うイベントなので、きっと面白くなるはずです。

こうした集まりを機に、ひとりでも多くの人と出会えればと思います。

ぜひご来場ください。

拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.07,Wed
Photo T-Shirts launched in Fukuoka as well.



ADPOSIONにてコラボTを購入。(from MITU)
http://maps.google.com/maps?q=33.590681,130.399147


福岡からも写真が届いた!
uk、買ってくれたそうでありがとね。


地元九州のみんな、盛り上げてくれるとうれしいです。
よろしく!

拍手[4回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.06,Tue
Photo T-Shirts I produced are launched in Tokyo, the campaign started on 3rd Sep.
Select shop "ADPOSION" is on 5th floor in LUMINE EST (Shinjuku,Tokyo).
Please check this out.

東京でもフォトTのキャンペーンがはじまりました。
店舗の写真が届いたのでUPします。
新宿ルミネエスト5Fのセレクトショップ、『ADPOSION』で展開されているので、ぜひチェックしてみてください。







Tシャツをご購入の方は、メンバーのサイン入りオリジナルポストカードがもらえます。
初日、朝から買いに来て頂いたお客様がいたそうです。感謝!

拍手[4回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.09.01,Thu


SHUTTER magazine Vol.2、8月31日に全国書店で発売になりました。

本来は7月20日発刊予定でしたが、震災の影響で1ヶ月以上延期になり、待って頂いていた方も多かったと思います。
この場を借りてお詫びします。
お待たせした分、自分で言うのもですが、かなりの自信作になりました。

Vol.2の特集は「写真家という生きかた」です。

大切な話をひとつ、します。

3.11以降、僕は社会情勢や、政治にまつわる話題をブログに書くことを、意図的に避けてきました。

地震の直後、TVから流れる膨大なニュース映像、Twitterのタイムラインを流れる言葉たちを傍観者として見ながら、人間の浅ましさ、欺瞞、暗い闇の部分を、のぞきこんでしまったような気がしました。

天変地異で、僕たちの何かが変わったわけではなく、巧妙に隠されていたものが、たんに表出してきただけなのかもしれません。
いままで目を背け、思考停止していれば済んでいたものに、向き合わざるを得なくなってしまった。

つぎつぎと目の前に起こることに対して、真実を知らずに憶測で判断してはいけないし、軽はずみな言葉を発することはできなかった。
どうせなら、写真と明確なメッセージ性をもって、世の中に自分が伝えたいことを訴えていくべきだというのが、震災後にたどりついた、僕なりの答えです。

今回のVol.2では、本当にたくさんの人に会いに行きました。
みんな、本当にかっこいい生きかたをしてる。
たくさんの話を聞いて、おかげで人生何周分も一緒に生きたような気がしたし、いままで信じてきたものが確信に近いものに変わったり、覆されることで、自分の写真が、何倍も鍛えられたような気がした。
いまの僕には、こういう血となり、肉となる対話・経験が、何よりも必要なんだと思った。

それぞれの写真家たちが人生でもっとも大事なものである『写真』という表現を見つけて、どう生きてきたか。
ガラス作家、美術ディレクター、不動産会社社長などさまざまな人たちが、いままでの人生で何を見てきたか。
この本に描かれているのは、べつに写真家を目指さなくても、きっと誰にでも当てはまる『もうひとつの物語』なんです。

目の前の壁に突き当たり、迷いながらも、前を向き、歩いていこうとする人間の普遍的な美しさ・崇高さ。
そのことは、僕が写真を通して伝えていきたい「生きること、その一瞬の輝き」といったテーマそのものだからです。


この国を形づくっているのは僕たちひとりひとり。
確かなものなど何もない。
だけど、僕たちは自分たちの手で、かけがえのない"いま"を残し、未来をつくっていかなければいけません。

信じられるものは、自分の心の中だけにあるよ。

この本には、僕だけじゃない、たくさんの人たちの夢や希望、愛というメッセージがつまっています。
是非、書店で手に取り、何かを感じて頂けると幸いです。

Amazon掲載ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4861133068/

公式サイト
http://www.phsmt.net/shutter01.html

拍手[6回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.28,Sun
大阪・天王寺ミオ5FのADPOSIONがオープン!
さっそく大阪から写真が届いたのでUpload。



めちゃめちゃカッコよすぎる...。
予想以上でびっくり。

今回、Select 4 Photographersというタイトルで、僕、山田が紹介する4人のフォトグラファーをフィーチャーしてくれています。
(大和田良/宮下マキ/渡辺伸次/山田敦士)
突出した世界観を持ち、次世代を担う写真家たちの作品をモノクロで表現したフォトT。
ぜひ店舗でご覧ください。

さらに!
僕がやっている「SHUTTER magazine Vol.2」をこちらのSHOPだけで先行発売しています。(全国書店では8/31発売)
http://www.amazon.co.jp/dp/4861133068/

さらにさらに!
Tシャツか本を買ってくれた方は、サイン入りオリジナルポストカードがもらえます。
レア!



大阪在住のみなさん、チェックしていただけると嬉しいです。

天王寺ミオ 31 SHOPS OPEN
http://www.tennoji-mio.co.jp/index.html

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.27,Sat
盟友のHALさんからサンディエゴの写真が届いた!
主催のStevenからのメールによると、レセプションには1700人以上が来場したらしい。



同じく主催者のLisaは"Your print is beautiful!"というメールをくれた。嬉しい。
プリント制作についてのお話はこちら
http://atsushiyamada.blog.shinobi.jp/Entry/346/



ギャラリーはこんな感じ。(Click to enlarge image)
THE LYCEUM THEATRE GALLERY
79 Horton Plaza
San Diego, CA 92101


海外の写真展でのレセプション、行けなくて残念。
スケジュールの関係上、行けるようなタイミングではなかったし、仕方ないよね。
いま自分にできることをやることが大事。

それにしても...。日本の写真家の海外流出が止まらないな。
写真の世界は定年がないので、僕ら30代の写真家はまだまだ若手。
というか、ほぼ新人として扱われる。

僕やHALさんはアメリカ、池谷友秀さんはミュンヘンのギャラリー、keiko kurita氏はアイスランド、渡辺伸次さんも先日、ハリウッドから直接オファーが来て向こうで撮影して来たばかり。
日本ではどれだけ素晴らしい作品を撮影しても、正当に評価されるシステムがない。取り上げてくれるメディアもないから、僕らの世代は必然的に海外を目指すしかない、という状況が生まれている。

このままだと、5年後には「日本で賞取ったり、評価されてもダサいよね」という流れになりそうで、産業界と同様、アートの世界でも国内はいま以上に空洞化が進むかもしれない。
この国の未来、本当に大丈夫なんだろうかと心配になる。

僕がいち写真家でありながら、SHUTTER magazineという雑誌を立ち上げることになった経緯も、じつはこのへんにあります。
誰もやらないから、自分がやるしかないんだよね。
林さんも、いなくなっちゃったし。
詳細は、発売日にでももう少し、書くことにします。

さ、今日はクワトロでキノコホテルのLIVEだ。
楽しみ!

拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.27,Sat
New issue in store soon!
もうすぐ全国書店で発売だよ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4861133068/


Huge printing machine (CMYK Process).
The right person of the printing company said the price of the machine is approximately over 100,000,000yen!


Cover.


I trust you!


Fussa: United States Air Force Yokota Air Base.

拍手[1回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.26,Fri
僕がセレクトショップADPOSION(アドポーション)と組んでプロデュースしたフォトTが出来上がってきた!




プリントの色もCool。
見えづらいけど、プリント下部に貼り付けてあるブランドタグもいい感じだよ。


エリの内側にはサインプリント入り。
着たときに、背中側にうっすらと透けて見えるのがポイント。
首もとは、ゆるめのUネックです。ここは、こだわったところ。


同封してくれてた手紙と、手書きのコメントにも感動。
まじ泣ける...。
(ごめん内容わからないようにぼかしてます)

結構、タイトなスケジュールの中で実現した今回のプロダクトの影にも、普段はあまり表に出てこない方々の努力と情熱がある。


自分のためにではなく、人のために何かをする。
そういった気持ちが、ほんとに嬉しいし、こちらも何かを返さなきゃ!と自然と思える。

きっと、僕のことを知らずにTシャツを買ってくれた人にも、こういう想いってきっと伝わると思うな。

感謝だなぁ、ほんとに。

正直、写真業界って、自分のことしか考えてない人が多いから、相手のためにいろいろ動いても、感謝の気持ちすらない人があまりにも多くて、嫌な気分になることがよくある。

たぶんそのへんが、カメラマンという人種の限界なんだろうけど。

だけどファッションや美容、音楽業界は横のつながりや、相手のことを大事に動いてくれる人たちが多くて、ほっとする。

今日から、天王寺ミオの改装リニューアルに合わせてオープンするショップADPOSION(5F)にて販売開始されます。
あと、たぶん1Fにもディスプレイされる予定です。

5460円(税込)、サイズはS・M・L。
大阪では限定50枚のみの展開なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

*問い合わせ先
ADPOSION 天王寺ミオ店 06-6773-0590

9月からは、東京(ルミネエスト)・福岡(福岡パルコ)でも展開されます。
お楽しみに!

拍手[2回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Atsushi Yamada
性別:
男性
職業:
写真家
自己紹介:
生きること。その一瞬の輝きを、写真で伝えていきたいと思っています。

作品WEBサイトはこちら
http://www.atsushiyamada.com


<プロフィール>
写真家。95年渡豪、路上の人々を撮り始める。帰国後、フリーランスへ。ファッション、グラビア、広告など幅広く活躍中。
富士フォトサロン新人賞2006受賞。
月刊コマーシャルフォト『100 PHOTOGRAPHERS』選出 (2007,2008)
月刊コマーシャルフォト別冊『PHOTOGRAPHERS FILE』掲載 (2009,2010)
その他、各メディアにて作品掲載多数。


1st 写真集『LOVE!LIFE!LIVE!』
全国書店にて発売中
(160P 1500円・税別)
送料無料! 画像をクリック

~Amazon 紹介文より~
夜の喧噪、クラブシーン、雑踏、日常を膨大なカット数で綴り、富士フォトサロン新人賞を受賞した作品がついに写真集として発売。
選考委員から絶賛された気鋭の写真家が、自身の原点となるストリートで巡りあう、一瞬のシャッターチャンスに挑む。混沌、エロス、すべてを内包し、感性を揺さぶる本作品は、生きる、ということそのもののメッセージである。山田敦士 衝撃のデビュー作。

<帯文より>
この写真集を最後まで見た後、僕は人間の『生』を感じました。
一人一人の人生が、この中に沢山詰まっています。
人生とは、本当に素晴らしいものです。
MATSU (EXILE)


過去撮影したArtists/タレント
新垣結衣,岩佐真悠子,小倉優子,木村コウ,川村カオリ,倖田來未,甲本ヒロト,小西康陽,櫻井翔,佐藤隆太,スザンヌ,スピードワゴン,鈴木亜美,田島貴男(ORIGINAL LOVE),田中知之,戸田恵梨香,野本かりあ,福富幸宏,藤木直人,ヒカル(BOUNTY HUNTER),宮崎あおい,矢口真里,Base Ball Bear,EMMA,EXILE,Hi-Fi CAMP,JAFROSAX,JESSE,KEN ISHII,MOTOAKI,m-flo,RAM RIDER,Rio,UNDERGRAPH,UZUMAKI 他多数

本ブログ内にて、他のサイトから画像および、情報を流用させて頂いている場合があります。(写真展情報等) その際には記事内にリンクおよび、画像転載の旨を明記しています。著作権、肖像権には極力配慮して制作しています。

(C) Atsushi Yamada Photography 2007-2010 All Rights Reserved.
ブログ内検索
最新コメント
[09/07 Atsushi]
[09/07 Atsushi]
[09/02 MARILYN]
[09/02 たま]
[08/28 Atsushi]
バーコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]