忍者ブログ
写真家、山田敦士 (ヤマダアツシ) 日々の活動。
Posted by - 2017.11.22,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.01,Mon
ART FAIR TOKYO 2011、終了しました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
海外のアートフェアとの違い、日本の現代美術の世界における、写真の立ち位置など、学ぶ部分が多かったです。
いろいろと今後の課題も見えてきた。

チャリティで出展していた写真集は、すべて完売しました。
微力ですが、貢献できてよかったです。

お客さんの反応としては「これ、写真?」と言って、立ち止まる人が多かった。
たしかに、一般的な写真の概念からは逸脱した作品かもしれないので、そう思いますよね。

さて、ひと段落したので、今日からはまたつぎの仕事に取りかからないと。
ここ最近、いろいろな動きをしているけど、まだ書けないことが多く...。
順次、お知らせしたいと思います。

拍手[2回]

PR
Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.14,Thu
本日、アメリカ・サンディエゴで8月から開催される「The Art of Photography Show」に作品を郵送した。

ちなみに、今回のシリーズは作品サイズを大きくしてプリントをつくり直すことにしたので、ラムダ・プリント(レーザー)と、最新の顔料プリントの2種類を事前にテストした。
覚え書き的な意味もふくめて、まとめます。
(記録写真はすべてオリンパスPEN E-P2で撮影)


Lambda Print


Pigment Print ※キラキラしているのは印画紙表面のテクスチャーです。


Lambda Print


Pigment Print

作品にはプリントの方式、紙の選び方などに明確な理由が必要になる。
なので、他にもいろいろな方式をテスト。解像力や色再現など、たくさんのことを学んだ。

それにしてもマリリン...。
モデルになってくれたときには、まさかこうなるとは思わなかっただろうけど。
プリントの作例見本になってしまうとは...。
(ブログ見てたらごめんね)


仕上げにサインを入れます。僕は裏面に、タイトルやデータなどもちゃんと書く。表面に入れた方がサインらしい感じはするけど、保守的なコレクターは目立つ場所にサインがあることを嫌うようです。少なくとも、アメリカでは。


向こうから来たメールでは、とにかくしっかりと展示できる状態で送れ!と書いてあったので、いちおう額のうしろのひも(ストリング)をケプラー素材のものに変えてみた。対荷重50Kg。ベーシックなひもでも十分だとは思うけど、あとで問題になるとまずいので、念のため。
それと、ヘビーゲイジワイヤーとDリングで吊るらしく... Dリングって何だ?と思って画材屋さんに聞いてみたがわからなかったので、とりあえずワイヤーも一緒に送ることにした。たぶん先端の部分がD型になっているので、アメリカではDリングと呼ぶようです。


しっかりと結んで...。


日本人はつい、額選びや見せ方にこだわってしまいたくなるけど、熱心なアートコレクターにはシンプルな額が好まれるようだ。要するに「額装もふくめて」ではなく、写真だけで勝負しろということ。もちろん、そのぶんプリントのクオリティは大切になる。
世界で戦うには、世界のルールを知ることが必要。


完成した作品はこんな感じ。
プリントのサイズもこまかい指定があった。
600mm以上がよく売れるそうだ。これも世界のルールのひとつ。


厳重にプチプチでくるんで...。


箱は二重にして、外側をハニカム型の強化ダンボール(厚さ15mm)でしっかりと梱包。
特殊な段ボールを探すだけで、えらい苦労をした。
梱包の所要時間は約2時間...。節電中なので、もう汗だく...。
この状態でアメリカに送り出した!

今回は、海外のサイトもかなり調べた。
国際的なコンペに通り、舞台に上がることで、見えてくるものがいろいろある。
27ヶ国、15,000点のなかから選ばれた100点で、さらにそのなかから選ばれた18点になったということは、大きな自信になった。
送り出した作品が売れるのか、なにかの賞を取るのかわからないけど、真剣勝負の場で試行錯誤することが、見えない形での"経験値"になって、自分の中にたまっていく。
これって、写真以外でも、どの仕事でも一緒だよね。

具体的に得た知識に関しては、今後ワークショップなどで、語る機会があればと思います。

拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.07,Thu


西武渋谷店で開催されている「Sound of photography」に作品を出展しています。

"Sound(音)を感じる写真"をテーマにした企画展で、今回も参加するだけでなく、10名以上の写真家を推薦しています。

今年で2年目ですが、いよいよ、西武渋谷店が日本の写真表現の聖地になってきたかな。

今後の展開が楽しみです。


僕はサンディエゴでの展示が決定した「Masquerade」シリーズからオリジナルプリント2点を出展しています。


"Masquerade -Marina-"
"Masquerade -YuYu-"
Digital C-Print ed 10 126,000円(額付)
Image:297x420mm Frame:394x509mm
Credit line : Signed,titled and editioned in pencil on verso





SHUTTER magazine Vol.1も購入できます。


全体的な感想は...。

う〜ん、どうなんだろう。
自分の理想が高すぎるのかな?

昨日、展示に顔を出しましたが、ここ最近、ずっとアメリカのギャラリーとやり取りしてて、真剣にいろんなことを考えてたのもあり、会場を一覧してちょっとテンションが下がってしまった。


誤解を与えるといけないけど、会場側の問題ではなく、参加してる各作家の問題です。


あ〜もやもやする。

今度から全部ブログ英語で書くかな...。

まぁこういう気持ちをモチベーションに変えていくしかないね。


とりあえず、お時間ある方は是非、会場に足をお運びください。

http://www2.seibu.jp/wsc/020/N000042927/0/info_d

写真展「Sound of photography」
会期:2011年7月5日(火)〜18(月・祝)
会場:西武渋谷店B館8階 美術画廊

Guido Argentini/飯田かずな/池谷友秀/魚住誠一/大串祥子/大和田良/魚沼武史/喜多村みか/北島明/忽那光一郎/小林幹幸/Joji Shimamoto/テラウチマサト/中村和孝/名越啓介/David Fokos/PHOTOGRAPHER HAL/半沢健/舞山秀一/松永佳子/水谷充/村上千恵/村上友重/山田敦士/横木安良夫/ワタナベアニ/渡辺伸次

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.06.16,Thu
いやー 毎日、いそがしすぎだろ…。

ブログもまったく書けないぐらい時間が経つのが速いです。

でもときどき見てくれている人もいるので、今日はひとつだけご報告です。


今年の8月から10月にサンディエゴで行なわれるThe Art of Photography Show 2011に、作品出展が決まりました。

選ばれたのは、ここ最近、撮影している『Masquerade』シリーズのなかの一点です。

メールの文面を読む限りでは、72ヶ国15000点以上から、ロサンゼルスのJ.ポール・ゲッティ美術館(J.Paul Getty Museum)のキュレーターが選んでくれたみたいです。
出展される作品の数を考えても、確率は1%以下かな。

今回の作品は自信があったので、証明されてよかったです。



8月13日にレセプションが開催されるみたいだけど、サンディエゴに行くかどうかは考え中。

こちらも、メールには「レビュアーへのプレゼンテーションが大事だから、来い!」と書いてあるけど、とりあえず作品だけ送ってもう少し考える予定。

あと、某セレクトショップと組んで、Tシャツをつくります。
これは...もう書いてもいいのかな?たぶん。ほぼ決定なので。

いろいろあるけど、日々の展開がはやすぎて書けない...。
またおって、ご報告します。

拍手[5回]

Posted by Atsushi Yamada - 2010.07.31,Sat



横浜美術館で8月7日から開催される、ポラロイド写真展に参加します。
僕は、『盗撮』をテーマに撮影している問題作の中から、数点をポラロイド SX-70で撮りおろし出展しています。

「126 POLAROID -さよならからの出会い-」

会場:横浜美術館 本館1階アートギャラリー1
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
期間:2010年8月7日から2010年8月29日
時間:10時から18時(金曜は20時まで)
休館:8月12日、8月19日、8月26日
入場料:無料

デジカメWatch掲載ページ
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100709_379650.html



展示作品は、赤々舎より写真集として出版されます。
(6点中、2点が掲載されます。 1ページ)

写真集『126POLAROID さよならからの出会い』
発売日:2010年8月13日予定
出版社:赤々舎
定価:2,940円(税込)

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2010.06.27,Sun


7月6日から渋谷西武ギャラリーにて開催される写真展、「Sound of photography」展に参加します。
7月17日(土)には、アーティストトークも行ないますので、ぜひご来場ください。



西武渋谷店では、7月6日(木)より19日(月・祝)まで、美術画廊にて「Sound of photography」展を開催します。《視覚伝達のメディアであるカメラを用いて、Sound(音)を感じさせる作品》をテーマに参加を呼び掛けたところ、多くのアーティストより「面白い。」「やってみたい。」と賛同。名だたるアーティストたちが出品を名乗り出てくれました。


「Sound of photography」展

会期:2010年7月6日(火)~19日(月・祝)
場所:西武渋谷店 B館8階 美術画廊

出品アーティスト(敬称略・50音順):Nacho Alegre、池谷 友秀、磯辺 昭子、江副 良介、大串 祥子、大和田 良、奥出 和典、喜多村みか、keiko kurita、Peter Sutherland、聡子、Joji Shimamoto、Thomas Jeppe、Madi Ju、鈴木 孝俊、高橋 枝里、Double happiness、照沼ファリーザ、中村 紋子、名越 啓介、南條 敏之、西山武志、PHOTOGRAPHER HAL、牧野 智晃、水谷 充、村上 友重、山田 敦士、渡辺 伸次、ほか

内容:各アーティストが1mのスペースにそれぞれ、思うままに作品を展示いたします。

販売:各アーティスト出品作品のほか、作品集など刊行物


■「アーティストトークショウ」

会期:2010年7月17日(土) 山田 敦士、Joji Shimamoto、照沼ファリーザ
   2010年7月18日(日) 大和田 良、keiko kurita
   2010年7月19日(月・祝) 磯辺 昭子、喜多村 みか、村上 友重

各日午後3時~

場所:西武渋谷店 B館8階

アーティストトークでは、カリフォルニア帰りのスケーターでもある写真家のJoji Shimamotoと、ストリートフォトグラフィのアート性や、写真の原点である、スナップ性について語りたいと思っています。


西武渋谷店 WEBサイト

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2009.11.18,Wed


海外で活動する日本人写真家のグループ展。
出展されている作家の鈴木光雄さんと以前から面識があり、招待を頂いていたので、オープニングパーティに参加した。

雑誌 PHaT PHOTOの編集長テラウチさんともひさしぶりにお会いし、ご挨拶する。
ほかに知っている顔もちらほらと。

鈴木さんは主役だけに、かなり忙しそうだった。僕も来年以降の活動のひとつとして、日本の写真家の作品をどういう風に海外に持っていくかということを考えていたので、今後もいろいろと情報交換させてください、とお話しした。

ギャラリートークもあるようなので、是非参加してみてください。

写真展
OVERSEAS -世界を選んだ若手作家たち-
11/18(Wed)-11/29(Sun)
火曜日休館
http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/overseas2009.html

拍手[1回]

Posted by Atsushi Yamada - 2009.09.23,Wed
現在、プランス リュベロンのギャラリー、GALERIE de la GAREで展示中の僕の作品が、パリのアートオークション『GAIA AUCTION』に出展されることになった。
カタログに載せる写真の件をメールでやり取りしてるけど、どうなるか楽しみだ。

写真展の様子はこちら
Show in Lub?ron : Opening night

拍手[0回]

Posted by Atsushi Yamada - 2009.09.12,Sat
フランス、Lub?ronのギャラリーで展示中の作品。その2。

 






拍手[0回]

Posted by Atsushi Yamada - 2009.09.12,Sat
アートコーディネーターのソフィから、いまフランスのギャラリーで行なっている展示の写真が届いた。
オープニングパーティの様子だ。

リュベロン(Lub?ron)は、マルセイユ、アルルなどギャラリーが多く点在するエリアにある。
http://maps.google.co.jp/maps?q=Lub?ron

9月中、約1ヶ月展示は行われているけど今回は仕事等があり、ちょっと行けなさそうだ。
作品だけが向こうに行っている形。
反応がよければ、来年以降のもっと大きなShowにつながるかもしれない、という話だが、どういう風になるか...。ちょっと楽しみではあります。






拍手[0回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Atsushi Yamada
性別:
男性
職業:
写真家
自己紹介:
生きること。その一瞬の輝きを、写真で伝えていきたいと思っています。

作品WEBサイトはこちら
http://www.atsushiyamada.com


<プロフィール>
写真家。95年渡豪、路上の人々を撮り始める。帰国後、フリーランスへ。ファッション、グラビア、広告など幅広く活躍中。
富士フォトサロン新人賞2006受賞。
月刊コマーシャルフォト『100 PHOTOGRAPHERS』選出 (2007,2008)
月刊コマーシャルフォト別冊『PHOTOGRAPHERS FILE』掲載 (2009,2010)
その他、各メディアにて作品掲載多数。


1st 写真集『LOVE!LIFE!LIVE!』
全国書店にて発売中
(160P 1500円・税別)
送料無料! 画像をクリック

~Amazon 紹介文より~
夜の喧噪、クラブシーン、雑踏、日常を膨大なカット数で綴り、富士フォトサロン新人賞を受賞した作品がついに写真集として発売。
選考委員から絶賛された気鋭の写真家が、自身の原点となるストリートで巡りあう、一瞬のシャッターチャンスに挑む。混沌、エロス、すべてを内包し、感性を揺さぶる本作品は、生きる、ということそのもののメッセージである。山田敦士 衝撃のデビュー作。

<帯文より>
この写真集を最後まで見た後、僕は人間の『生』を感じました。
一人一人の人生が、この中に沢山詰まっています。
人生とは、本当に素晴らしいものです。
MATSU (EXILE)


過去撮影したArtists/タレント
新垣結衣,岩佐真悠子,小倉優子,木村コウ,川村カオリ,倖田來未,甲本ヒロト,小西康陽,櫻井翔,佐藤隆太,スザンヌ,スピードワゴン,鈴木亜美,田島貴男(ORIGINAL LOVE),田中知之,戸田恵梨香,野本かりあ,福富幸宏,藤木直人,ヒカル(BOUNTY HUNTER),宮崎あおい,矢口真里,Base Ball Bear,EMMA,EXILE,Hi-Fi CAMP,JAFROSAX,JESSE,KEN ISHII,MOTOAKI,m-flo,RAM RIDER,Rio,UNDERGRAPH,UZUMAKI 他多数

本ブログ内にて、他のサイトから画像および、情報を流用させて頂いている場合があります。(写真展情報等) その際には記事内にリンクおよび、画像転載の旨を明記しています。著作権、肖像権には極力配慮して制作しています。

(C) Atsushi Yamada Photography 2007-2010 All Rights Reserved.
ブログ内検索
最新コメント
[09/07 Atsushi]
[09/07 Atsushi]
[09/02 MARILYN]
[09/02 たま]
[08/28 Atsushi]
バーコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]