忍者ブログ
写真家、山田敦士 (ヤマダアツシ) 日々の活動。
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.23,Tue
セレクトショップADPOSIONを展開するTETE HOMMEのプレス、畑中さんがマガジンハウスのブログでフォトTを紹介してくれています。

http://press.magazineworld.jp/fashion/48956/



畑中さんありがとう。
いよいよ8月26日より、大坂・天王寺ミオで先行発売です。
9月からは東京(新宿ルミネエスト)、福岡(福岡パルコ)で販売されます。

発売前なのにさっそく予約が入っているそうで、嬉しいです。
またおってご報告します。

拍手[1回]

PR
Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.12,Fri


-Eternity at a Moment-
写真家60人の「瞬間と永遠」スペシャルサイト
http://www.tamron60.com/

タムロン写真展「瞬間と永遠」に参加します。

60人の写真家が「瞬間と永遠」をテーマにタムロンのレンズ18-270mm DiⅡVC PZD (Model B008)で撮りおろした作品をWEBギャラリーで公開。

10月5日(水)~11日(火)には、東京都内のギャラリー「3331 Arts Chiyoda」で写真展も開催されます。


青木 勝、青野 恭典、赤城耕一、阿部 秀之、有元伸也、飯田 鉄、石井孝親、石川 梵、今岡昌子、魚住誠一、江口愼一、榎並悦子、大西みつぐ、大和田良、岡嶋和幸、川合麻紀、木村惠一、熊切圭介、小澤太一、小林義明、小松健一、齋藤康一、佐藤仁重、鹿野貴司、清水哲朗、新藤健一、諏訪光二、曽根陽一、田中希美男、田沼武能、塚原琢哉、土屋勝義、テラウチマサト、豊田直之、中井精也、中里和人、中谷吉隆、中藤毅彦、並木 隆、新美敬子、西平  英生、ハービー・山口、萩原 史郎、秦 達夫、hana、広田尚敬、広田 泉、深澤 武、藤井智弘、ホンマタカシ、前川貴行、水谷たかひと、水谷 充、桃井一至、矢野直美、山田敦士、横木安良夫、吉田 繁、吉野 信、渡部さとる

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.08.01,Mon
ART FAIR TOKYO 2011、終了しました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
海外のアートフェアとの違い、日本の現代美術の世界における、写真の立ち位置など、学ぶ部分が多かったです。
いろいろと今後の課題も見えてきた。

チャリティで出展していた写真集は、すべて完売しました。
微力ですが、貢献できてよかったです。

お客さんの反応としては「これ、写真?」と言って、立ち止まる人が多かった。
たしかに、一般的な写真の概念からは逸脱した作品かもしれないので、そう思いますよね。

さて、ひと段落したので、今日からはまたつぎの仕事に取りかからないと。
ここ最近、いろいろな動きをしているけど、まだ書けないことが多く...。
順次、お知らせしたいと思います。

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.30,Sat

拍手[1回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.29,Fri
ART FAIR TOKYO 2011 is now starting, held on 29th through 31st Jul.
It's opening preview yesterday.
Today, I'll should be in the booth(E07) at 19:00 - 21:00.
http://www.artfairtokyo.com/

アートフェア東京2011がスタートしました。7/29-31まで開催です。
昨日は設営の立ち会いと、夕方からは内覧会。
本日は19時から21時は会場にいます。(ブース E07)
来場される方、ぜひお会いできればと思います。
http://www.artfairtokyo.com/







拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.26,Tue


Collaboration photographic T-Shirt with select store "ADPOSION" coming out in this summer.
That'll be limited edition in stores.
Reporting datails later.

セレクトショップ、ADPOSIONと組んだフォトTが今夏、デビューします。
各店舗、限定枚数で販売予定です。
以下、プレスリリースです。

*********

9月3日に1周年を迎えるセレクトショップ、ADPOSION(アドポーション)新宿ルミネエスト店。
カルチャーやライフスタイルの提案にも力を入れている幣店が、海外でも高い評価を得て多岐に活躍する写真家・山田敦士氏とタッグを組み、山田氏セレクトによる次世代を担う若手写真家とコラボレーションTシャツをリリースする。

1つのジャンルにとらわれない、自由な感性を4人の写真家を通して表現。また、写真の良さを最大限に生かす為、白ボディー地で黒のプリントを施すモノクロで仕上げる。

8月26日天王寺ミオオープン記念として先行発売決定!

サイズ展開:S,M,L
価格 5460 円(5200 円)
「Select 4」Photographers
山田敦士/大和田良/宮下マキ/渡辺伸次

※発売時期 新宿ルミネエスト(東京)、天王寺ミオ(大坂)、福岡パルコ各店にて8月末〜順次発売。

*********

天王寺ミオ(大坂)は8月26日〜、新宿ルミネエスト(東京)は9月3日から店頭キャンペーンも行なわれます。
ミオは全面改装にともない、1Fのディスプレイスペースでも展示予定です。

詳細はあらためてご報告します。

拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.23,Sat


I'll participate in ART FAIR TOKYO 2011 in Tokyo International Forum (Booth no. E07 "Gallery Kunimatsu"), have a couple of prints.and books for charity.
That'll shoud be same series "Masquerade" from Seibu Shibuya. If were missing, please come to see my prints.

ART FAIR TOKYO 2011
Dates: Fri, July 29 - Sun, July 31, 2011
Venue : Tokyo International Forum, Japan
Booth no. E07 "Gallery Kunimatsu"
Entrance : 1 Day Free Pass 1,500 yen (tax included)
Children below elementary school is free (They must be accompanied by adults)
Advance Ticket : http://www.artfairtokyo.com/en/ticket.html


東京国際フォーラムで開催されるアートフェア東京2011に作品出展します。
(ブースno : E07 ギャラリーくにまつ)
オリジナルプリント2点を出展、チャリティとして写真集も販売します。
西武渋谷店で展示した作品と同じシリーズになる予定ですが、ご覧いただけなかった方は、ぜひご来場ください。

『アートフェア東京2011』
2011年7月29日(金) - 7月31日(日)
東京国際フォーラム、東京
第一会場: 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール1
第二会場「PROJECTS」: 同会場ロビーギャラリー1、2
入場料 : 1DAY パスポート 1500円(税込) 小学生以下無料(但し大人同伴)
前売りチケット : http://www.artfairtokyo.com/ticket.html

拍手[1回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.14,Thu
本日、アメリカ・サンディエゴで8月から開催される「The Art of Photography Show」に作品を郵送した。

ちなみに、今回のシリーズは作品サイズを大きくしてプリントをつくり直すことにしたので、ラムダ・プリント(レーザー)と、最新の顔料プリントの2種類を事前にテストした。
覚え書き的な意味もふくめて、まとめます。
(記録写真はすべてオリンパスPEN E-P2で撮影)


Lambda Print


Pigment Print ※キラキラしているのは印画紙表面のテクスチャーです。


Lambda Print


Pigment Print

作品にはプリントの方式、紙の選び方などに明確な理由が必要になる。
なので、他にもいろいろな方式をテスト。解像力や色再現など、たくさんのことを学んだ。

それにしてもマリリン...。
モデルになってくれたときには、まさかこうなるとは思わなかっただろうけど。
プリントの作例見本になってしまうとは...。
(ブログ見てたらごめんね)


仕上げにサインを入れます。僕は裏面に、タイトルやデータなどもちゃんと書く。表面に入れた方がサインらしい感じはするけど、保守的なコレクターは目立つ場所にサインがあることを嫌うようです。少なくとも、アメリカでは。


向こうから来たメールでは、とにかくしっかりと展示できる状態で送れ!と書いてあったので、いちおう額のうしろのひも(ストリング)をケプラー素材のものに変えてみた。対荷重50Kg。ベーシックなひもでも十分だとは思うけど、あとで問題になるとまずいので、念のため。
それと、ヘビーゲイジワイヤーとDリングで吊るらしく... Dリングって何だ?と思って画材屋さんに聞いてみたがわからなかったので、とりあえずワイヤーも一緒に送ることにした。たぶん先端の部分がD型になっているので、アメリカではDリングと呼ぶようです。


しっかりと結んで...。


日本人はつい、額選びや見せ方にこだわってしまいたくなるけど、熱心なアートコレクターにはシンプルな額が好まれるようだ。要するに「額装もふくめて」ではなく、写真だけで勝負しろということ。もちろん、そのぶんプリントのクオリティは大切になる。
世界で戦うには、世界のルールを知ることが必要。


完成した作品はこんな感じ。
プリントのサイズもこまかい指定があった。
600mm以上がよく売れるそうだ。これも世界のルールのひとつ。


厳重にプチプチでくるんで...。


箱は二重にして、外側をハニカム型の強化ダンボール(厚さ15mm)でしっかりと梱包。
特殊な段ボールを探すだけで、えらい苦労をした。
梱包の所要時間は約2時間...。節電中なので、もう汗だく...。
この状態でアメリカに送り出した!

今回は、海外のサイトもかなり調べた。
国際的なコンペに通り、舞台に上がることで、見えてくるものがいろいろある。
27ヶ国、15,000点のなかから選ばれた100点で、さらにそのなかから選ばれた18点になったということは、大きな自信になった。
送り出した作品が売れるのか、なにかの賞を取るのかわからないけど、真剣勝負の場で試行錯誤することが、見えない形での"経験値"になって、自分の中にたまっていく。
これって、写真以外でも、どの仕事でも一緒だよね。

具体的に得た知識に関しては、今後ワークショップなどで、語る機会があればと思います。

拍手[3回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.08,Fri


写真家の永田陽一さんが発信する新プロジェクト「Fraction Magazine Japan」

アメリカのフォトグラファー、ディヴィッド・ブラム氏が主宰するオンラインマガジンの日本版です。
日本とアジアの写真家を世界に紹介し、欧米の現代美術の最新動向を日本の読者に伝えるために発刊されたそうです。

日本の写真界のために私欲を捨て、活動されている姿には頭が下がります。

いま、私たちには、日本人であることの意義、そして、世界に向けてひとりひとりが何を伝えていけるかが、問われていると思います。

ぜひチェックしてみてください。

Fraction Magazine Japan
http://www.fractionmagazinejapan.com/index.html

拍手[2回]

Posted by Atsushi Yamada - 2011.07.07,Thu


西武渋谷店で開催されている「Sound of photography」に作品を出展しています。

"Sound(音)を感じる写真"をテーマにした企画展で、今回も参加するだけでなく、10名以上の写真家を推薦しています。

今年で2年目ですが、いよいよ、西武渋谷店が日本の写真表現の聖地になってきたかな。

今後の展開が楽しみです。


僕はサンディエゴでの展示が決定した「Masquerade」シリーズからオリジナルプリント2点を出展しています。


"Masquerade -Marina-"
"Masquerade -YuYu-"
Digital C-Print ed 10 126,000円(額付)
Image:297x420mm Frame:394x509mm
Credit line : Signed,titled and editioned in pencil on verso





SHUTTER magazine Vol.1も購入できます。


全体的な感想は...。

う〜ん、どうなんだろう。
自分の理想が高すぎるのかな?

昨日、展示に顔を出しましたが、ここ最近、ずっとアメリカのギャラリーとやり取りしてて、真剣にいろんなことを考えてたのもあり、会場を一覧してちょっとテンションが下がってしまった。


誤解を与えるといけないけど、会場側の問題ではなく、参加してる各作家の問題です。


あ〜もやもやする。

今度から全部ブログ英語で書くかな...。

まぁこういう気持ちをモチベーションに変えていくしかないね。


とりあえず、お時間ある方は是非、会場に足をお運びください。

http://www2.seibu.jp/wsc/020/N000042927/0/info_d

写真展「Sound of photography」
会期:2011年7月5日(火)〜18(月・祝)
会場:西武渋谷店B館8階 美術画廊

Guido Argentini/飯田かずな/池谷友秀/魚住誠一/大串祥子/大和田良/魚沼武史/喜多村みか/北島明/忽那光一郎/小林幹幸/Joji Shimamoto/テラウチマサト/中村和孝/名越啓介/David Fokos/PHOTOGRAPHER HAL/半沢健/舞山秀一/松永佳子/水谷充/村上千恵/村上友重/山田敦士/横木安良夫/ワタナベアニ/渡辺伸次

拍手[2回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
Atsushi Yamada
性別:
男性
職業:
写真家
自己紹介:
生きること。その一瞬の輝きを、写真で伝えていきたいと思っています。

作品WEBサイトはこちら
http://www.atsushiyamada.com


<プロフィール>
写真家。95年渡豪、路上の人々を撮り始める。帰国後、フリーランスへ。ファッション、グラビア、広告など幅広く活躍中。
富士フォトサロン新人賞2006受賞。
月刊コマーシャルフォト『100 PHOTOGRAPHERS』選出 (2007,2008)
月刊コマーシャルフォト別冊『PHOTOGRAPHERS FILE』掲載 (2009,2010)
その他、各メディアにて作品掲載多数。


1st 写真集『LOVE!LIFE!LIVE!』
全国書店にて発売中
(160P 1500円・税別)
送料無料! 画像をクリック

~Amazon 紹介文より~
夜の喧噪、クラブシーン、雑踏、日常を膨大なカット数で綴り、富士フォトサロン新人賞を受賞した作品がついに写真集として発売。
選考委員から絶賛された気鋭の写真家が、自身の原点となるストリートで巡りあう、一瞬のシャッターチャンスに挑む。混沌、エロス、すべてを内包し、感性を揺さぶる本作品は、生きる、ということそのもののメッセージである。山田敦士 衝撃のデビュー作。

<帯文より>
この写真集を最後まで見た後、僕は人間の『生』を感じました。
一人一人の人生が、この中に沢山詰まっています。
人生とは、本当に素晴らしいものです。
MATSU (EXILE)


過去撮影したArtists/タレント
新垣結衣,岩佐真悠子,小倉優子,木村コウ,川村カオリ,倖田來未,甲本ヒロト,小西康陽,櫻井翔,佐藤隆太,スザンヌ,スピードワゴン,鈴木亜美,田島貴男(ORIGINAL LOVE),田中知之,戸田恵梨香,野本かりあ,福富幸宏,藤木直人,ヒカル(BOUNTY HUNTER),宮崎あおい,矢口真里,Base Ball Bear,EMMA,EXILE,Hi-Fi CAMP,JAFROSAX,JESSE,KEN ISHII,MOTOAKI,m-flo,RAM RIDER,Rio,UNDERGRAPH,UZUMAKI 他多数

本ブログ内にて、他のサイトから画像および、情報を流用させて頂いている場合があります。(写真展情報等) その際には記事内にリンクおよび、画像転載の旨を明記しています。著作権、肖像権には極力配慮して制作しています。

(C) Atsushi Yamada Photography 2007-2010 All Rights Reserved.
ブログ内検索
最新コメント
[09/07 Atsushi]
[09/07 Atsushi]
[09/02 MARILYN]
[09/02 たま]
[08/28 Atsushi]
バーコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]