忍者ブログ
写真家、山田敦士 (ヤマダアツシ) 日々の活動。
Posted by - 2017.10.18,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Atsushi Yamada - 2008.10.28,Tue


ShINC写真展在廊日。
ShINCプロジェクト
「¥3000で、写真売りましょ!買いましょ!展」詳細


今日は写真家の水谷充さんと当番。
3000円で写真を売っていますが、一部スタッフはポストカードも販売しています。(1枚300円)
注目してほしいのはピクトランの局紙というペーパー。和紙で、印刷するとインクの乗った部分が絹目のような質感になる。印刷の質感としてはマット系の紙の表面に、後加工でニスを塗った感じに近い。もちろんインクジェットなので、マットと違い彩度は高い。
ちなみにポストカードの売上はすべてShINCプロジェクトに寄付されます。(笑)

びっくりしたのは、今回の出展者で、プリントにこの『局紙』を使っている人がとても多かったこと。A4サイズだとそれなりに金額も高いし、写真家仲間でも評価が高く、まだまだ一般的でない紙なので、自分しか知らない秘密、みたいな気持ちでいたが、なんだみんな知ってたんだ...とちょっとがっかり。
なので方針転換。みんなで使えばもっといろんな種類のいい紙が出てくると思うし、値段も安くなると思うので、是非つかってみてください。



ちなみに会場では、こんな感じで販売されています。

友人の写真家のひとりも今回のShINC「ましょ展」に出展しているが、少し反省していた。プロの参加者以外でも、前述のように特別な用紙を使って丁寧にプリントしている方が非常に多い。つまりプロだけど、かるい気持ちで参加してる人より、例えは悪いけど、草野球のエースプレイヤーでこの一発!という気合いの入れ方で参加している人の作品が、クオリティが高かったりする。そういう意味では、プロもアマチュアも関係なく参加者すべてが対等な場所だ。
嬉しかったのは、僕の誘いで地元熊本から郵送で参加してくれた木下幸二さんの作品が、わずか3日ほどで10枚すべて売り切れてしまったこと。
和紙にプリントし、表面に薬剤を塗り加工した『一点モノ』を感じさせる作品だったからだろう。掘り出し物を見つけるという意味でも、面白いと思う。

夜はシャンパンを抱えてフォトグラファーハルさんと大和田良さん主宰、写真家集団「Stair AUG」の写真展レセプションへ。岡田敦さんとも初めて会う。お互い富士フォトサロン新人賞の受賞者なので、新人賞もっと盛り上げていきたいよねという話になった。テルメギャラリー、都立大学にある素敵な場所です。オーナーの松岡さんは「Stair AUG」のメンバーのひとりでもある。自分たちで発信していく場所をつくる、という試みは素晴らしい。お近くにお寄りの際には是非行ってみてください。
THERME GALLERY
富士フイルムフォトサロン新人賞

拍手[0回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Atsushi Yamada
性別:
男性
職業:
写真家
自己紹介:
生きること。その一瞬の輝きを、写真で伝えていきたいと思っています。

作品WEBサイトはこちら
http://www.atsushiyamada.com


<プロフィール>
写真家。95年渡豪、路上の人々を撮り始める。帰国後、フリーランスへ。ファッション、グラビア、広告など幅広く活躍中。
富士フォトサロン新人賞2006受賞。
月刊コマーシャルフォト『100 PHOTOGRAPHERS』選出 (2007,2008)
月刊コマーシャルフォト別冊『PHOTOGRAPHERS FILE』掲載 (2009,2010)
その他、各メディアにて作品掲載多数。


1st 写真集『LOVE!LIFE!LIVE!』
全国書店にて発売中
(160P 1500円・税別)
送料無料! 画像をクリック

~Amazon 紹介文より~
夜の喧噪、クラブシーン、雑踏、日常を膨大なカット数で綴り、富士フォトサロン新人賞を受賞した作品がついに写真集として発売。
選考委員から絶賛された気鋭の写真家が、自身の原点となるストリートで巡りあう、一瞬のシャッターチャンスに挑む。混沌、エロス、すべてを内包し、感性を揺さぶる本作品は、生きる、ということそのもののメッセージである。山田敦士 衝撃のデビュー作。

<帯文より>
この写真集を最後まで見た後、僕は人間の『生』を感じました。
一人一人の人生が、この中に沢山詰まっています。
人生とは、本当に素晴らしいものです。
MATSU (EXILE)


過去撮影したArtists/タレント
新垣結衣,岩佐真悠子,小倉優子,木村コウ,川村カオリ,倖田來未,甲本ヒロト,小西康陽,櫻井翔,佐藤隆太,スザンヌ,スピードワゴン,鈴木亜美,田島貴男(ORIGINAL LOVE),田中知之,戸田恵梨香,野本かりあ,福富幸宏,藤木直人,ヒカル(BOUNTY HUNTER),宮崎あおい,矢口真里,Base Ball Bear,EMMA,EXILE,Hi-Fi CAMP,JAFROSAX,JESSE,KEN ISHII,MOTOAKI,m-flo,RAM RIDER,Rio,UNDERGRAPH,UZUMAKI 他多数

本ブログ内にて、他のサイトから画像および、情報を流用させて頂いている場合があります。(写真展情報等) その際には記事内にリンクおよび、画像転載の旨を明記しています。著作権、肖像権には極力配慮して制作しています。

(C) Atsushi Yamada Photography 2007-2010 All Rights Reserved.
ブログ内検索
最新コメント
[09/07 Atsushi]
[09/07 Atsushi]
[09/02 MARILYN]
[09/02 たま]
[08/28 Atsushi]
バーコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]